九州やさいの純生酵素 副作用

九州やさいの純生酵素、副作用が無いのか調べました。

・過剰な酵素による副作用
腸内環境を整える効果のあるとされる酵素を含むサプリメント「九州野菜の純生酵素」ですが、酵素の性質上の副作用として最も多いのが、軟便、お腹を下す、下痢をするといった腸の不調です。腸内環境を整えるための酵素は、善玉菌にとって最も良いエサとなりますが、この酵素がトラブルの原因となる事も少なくありません。大腸ばかりが注目されがちですが、お腹の調子を悪くする原因の一つは小腸です。小腸は食べた食物から栄養を吸収するのが役割ですが、その小腸で菌が増殖してしまう事があります。本来は大腸に数多く存在する菌ですが、これが小腸で増えてしまう事によって起こるのが、お腹の不調です。胃で消化された食物は大腸に達したときには栄養はあまり残っていませんが、大腸の手前、小腸ではまだたくさんの栄養が残った状態です。この栄養を糧に菌が増殖してしまい、それらが有害なガスを大量に発生させる事でお腹が張るなどの不調が起こります。そして、大腸の調子も連鎖的に崩れ、軟便や下痢になります。また、腸の調子を崩す事で、免疫力の低下を引き起こし、風邪などを引きやすくなったり、気分が落ち込んだりなどといった全身の不調を招きます。これは酵素によって引き起こされる副作用です。

 

・アレルギーも立派な副作用
サプリとは言え立派な食品です。九州野菜の純生酵素にはたくさんの食材が使われています。しかし、注意しなければいけないのは、たくさんのアレルギー物質も含まれるという事です。九州野菜の純生酵素には多くの野菜やフルーツが使われていますが、梨、トマト、柿、これらのフルーツはそのアレルギーを持つ人にとっては摂取してはいけない成分です。これによって皮膚に異常が起きる、口の中が腫れるなどの副作用が起こる可能性があります。

 

⇒九州やさいの純生酵素の詳細はこちら

 

・最も注意するべき肝障害

 

サプリメントの摂取で引き起こされる副作用で一番重症なもの、それは薬物性肝障害です。医薬品で起こるというのは一般的に知られていますが、これはサプリメントでもおきる重要な副作用です。摂取したサプリメントの成分よって中毒になり、肝臓が炎症を起こす事が原因とされています。サプリメントは安全だと言われてはいますが、摂取する以上は肝臓に負担を掛けてしまいます。特に肝炎ウイルスの保持者や喫煙者、飲酒習慣のある人は注意が必要です。飲酒が肝臓に最も負担を掛けるというのは良く知られている事ですが、喫煙やストレスによっても肝臓は傷ついてしまいます。普段から肝臓が弱っている人が、体に良いからとサプリメントを取っても、体質や健康状態によっては良い効果を得られず、悪い効果、または副作用だけを被ってしまう事をじゅうぶん理解しておきましょう。

 

・九州野菜の純生酵素は副作用の報告は無し
上記のように酵素やアレルギー、肝機能などの副作用をご紹介してきましたが、実際に九州野菜の純生酵素についての副作用の有無はどうかというと、口コミも100件前後確認しましたが体に異常が出た等の報告はありませんでした。厚労省認定の工場で製造されていますので農薬等の心配もいりません。何より1日に飲む量が1粒から3粒となっておりますので酵素を過剰に摂取する心配もありません。食物アレルギーなどをお持ちの方は事前に確認が必要ですが、九州野菜の純生酵素は基本的に安全な酵素サプリと言えます。

 

⇒九州やさいの純生酵素の詳細はこちら